山口さん

中学生のころ、同級生に「山口さん」という女性がいました。
背が高くてとっても上品でした。
でも、今、山口さん、と聞くと思い出すのは「つとむくん」です。

歌にあったんです、やまぐちさんちのつとむくん、、、このごろすこーしへんよー、って。
知らないですか?
有名な歌だと思ってましたけど(笑)。

あの歌を思い出しながら、なにで聞いたんだっけー?・・は思い出せない、っと。笑。
NHKの番組か、レコードを持ってたかなにかだと思います。

そんなわけで、全国の山口さんには申し訳ないのですが、山口さん、と聞くと
「つとむくんから・・」って、歌が頭のなかで流れるのです。

同級生の山口さんにも申し訳ないと思っています(なんで??)。
でも、あの歌は、友達がつとむくんを思いやる歌なんです。
そう思うと、とっても重い感じがしますよ。

このブログ記事について

このページは、じゅんが2020年2月 1日 00:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「理不尽なこと」です。

次のブログ記事は「食通の言葉」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。