拉致と誘拐

北朝鮮による拉致被害問題、ありますね?
あれと誘拐と歯区別されています。
英語も違います。
「誘拐」でも「あの事件か」って理解はできるかもですが、「拉致」として扱っています。
「ゆうかい」も使ってますが、、でも使い分けられています。

では何が違うのか?
「誘拐」は金銭目的、「拉致」は、北朝鮮の事件にもあるように、
人さらいですね、そして二度と替える事がない。
帰ってきた人たちもいますが、そこ、、つっこむ??

なので拉致の方がタチが悪い、いやもちろん誘拐もいけないし、
身代金うんぬんでは亡くなる人もいるのでタチは悪いが。
こういう言葉そのものがなくならないといけないですねー。
こんな議論も不要だ(!)。
さて、その拉致被害者の「よこためぐみ」さんは海外でも有名です。
屋亜h里一番先に名前が出て来るのです、どうしていらっしゃるのでしょうか。。。
先日そんな話になったのですよ、海外の人と。
親御さんも高齢になり、孫にはあっていますが、「死亡」の発表のまま変わっていない、
でも生きている、と信じられていますね、だったら早く返せ北朝鮮!

その時も「拉致」を使っていました、いずれにしても、、嫌な事件だ。

このブログ記事について

このページは、じゅんが2019年7月 1日 17:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「またここでも。」です。

次のブログ記事は「点数」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。