2017年10月アーカイブ

フーム。

ふーむ、、、ではなくてWhom。
英語ですね。
これが最近は使われなくなってきたとか。
でも確かにそうかもです。

どんな場合に「whom」を使うのが適切なのか。
その語が前置詞ないし動詞の目的語になるときですね。
その一例がヘミングウェイの小説のタイトル「For Whom the Bell Tolls(誰がために鐘は鳴る)」というわけ。
その語が文あるいは節の主語の役割を担うときは「who」を選ぶ。

英国のバンドの名前が「The Who」ではなく、「The Whom」だったら、
その音楽を聴きたいと思うだろうか。
同じように、映画「ゴーストバスターズ」の有名な主題曲の歌詞「Who ya gonna call?」が
「Whom ya gonna call?」だったら、そして、ボ・ディドリーの有名な曲「Who Do You Love」が
「Whom Do You Love」だったら、果たしてヒットしていただろうか。

文法通りじゃないからこそいいのだ、ってこともある。

口語で使うことはあまりない気がするけど、映画では時々出てきますね。

この、WhoとWhomを調べてみるのも面白いかもです。

このアーカイブについて

このページには、2017年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。