30代の看護師、どのくらいの給料が貰えるでしょう?.

看護師のお給料って気になりませんか?
すっごく忙しそうにしている看護師の人、病院に行って見かけた事もあると思います。
いろんなところから引っ張りだこの看護師さんだけど、実際どのくらいのお給料で働いているんでしょうね?

一番働き盛りなのは30代。このくらいになると20代から築き上げてきたキャリアもあって結構いいお給料もらうようになります。
特に都市部の大きな病院に勤めている看護師さんの場合、年収にすると600万とか700万とかもらうようにもなるんです。
年収600万って言ったら...12ヶ月で割るとなんと!50万円!!こりゃびっくり!!(笑)
普通のサラリーマンの年収よりも、全然いいじゃないかよ!!ってくらいもらっていることになります。...あ、いやこれは言いすぎかもしれないけどね(笑)

さらにさらに、このくらいの年齢になってくるとキャリアアップなんかも考えるくらいになります。
キャリアアップすればさらにお給料がどどん!と多くなることだってあります。
公立や国立の病院に勤めるとなったらさらに公務員免許も必要になるので、お給料も高くなるんだとか。

でも逆に地方だったり、小さい規模の病院だったりすると年収で400万円くらいの場合もあります。
じゃあ大きい病院に勤めたほうがいいじゃん!って思うかもしれませんが、小さい病院の場合、夜勤がなかったり残業が少なかったりといろいろと仕事に関しての差があることも事実なんです。

お給料の高さをとるか、それともプライベートも充実できる生活をとるか。それはもちろんその人次第ってわけです。

高給だって言われている看護師さん。その中でもお給料が高くなり始める30代であっても、働いている境遇なんかによってはかなーり差が出る、というのが現状みたいですね。
まあ1つの参考に東京で人気の昭和病院の看護師求人情報なんかもチェックしてみましょうね。

このブログ記事について

このページは、じゅんが2013年10月18日 16:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「看護師の休みはどうやって過ごす?」です。

次のブログ記事は「産業看護師になれたから」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。