私は機械じゃない

看護師の仕事って病院勤めしている時はロボットのような扱いでものすごく大変だったんだよね。

私は心を持った人間なんだけどな...って何度叫びたくなったことがあるかわかりません。

だけど産業看護師という道を選択してからはそういう悩みがうそのようになくなりました。

ここでは私は一人の人間とした扱いをしてもらえるんです。

これって実際に経験した人にしか気持ちはわかってもらえないかもしれないけどとっても大きな問題なんですよね。

精神的に苦痛ばかりの毎日から開放されてどれだけ心が軽くなったか...。

どうしてもっとこの道を選択しなかったのかな...って悔やまれます。

あのまま病院勤めしていたらきっと今頃私は看護師という職業を捨てていたんじゃないかな...。

 

このブログ記事について

このページは、じゅんが2012年12月20日 01:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「自分の仕事は自分のもの」です。

次のブログ記事は「自分の仕事にしっかり責任を」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。