結婚と離婚

とある女性が結婚と離婚を繰り返し、たくさんの子供を産んで育てて(?)いるという話題を知っていますか?
実名は出しませんが、テレビによく出てるみたいです。

なんでも生い立ちに関係してるらしくて、父親からのDVにはじまって、
どうやら人に依存して生きてるっぽいという分析でした。
なんの、誰の分析?ってのはつっこまないとして。

衝動的なところがあるから結婚、出産、離婚、また結婚、出産、、、と続いていくのだそうです。

男性からすると、そんなところが女性的に見えて、それがモテるゆえんなのだとか。
そうなんですねー。
もうここまで来たら何人いても子育ては出来るぞ、という考えなのだ、ともありました。
すごすぎるー。

結婚と離婚を繰り返す人、実は身近にいて知っていますが、
女性的か・・と思えば・・・・・男性からしたらそうなのかもです。
同性って分かりにくいですよね。

それにしても立派です、。たくさんの子供を産んで育てるって簡単じゃないですしね、頑張ってほしいです!

なんだか疲れたー

疲れてしまいました。
いろいろとありましてー。

疲れた時は・・・そう、美味しいものを食べるに限りますね!
今日は美味しいグラタンでも作ろうと思ってます。
あんがい簡単なんですよ、グラタンって。

余ったご飯があればご飯の部分はそれでいいし、ソースは「ホワイトソースの元」で代用。
簡単でしょ?
グラタンって、フランス語の「焦げ目をつける」という意味からきてるそうです。
なのでオーブンで焼くときは焦げ目をね!じじじって音がするくらいまで。

想像しただけでヨダレが。
疲れた時のヨダレってやばい。

ということで、今日はグラタンですが、毎回グラタンかっていえばそうでもなく、
ストレス解消に食べるものとしては、大好きなパンをひたすら食べる、とか、
なんだかそういう無謀な事もしています。いけませんねー。
でもストレスが溜まるよりはいいのではないでしょうか笑

同棲にもルールが?

同棲をする人が多いのですが、同棲そのもののルールもあるけど、
はじめる前のルールってのがあるみたいです。


どちらかのアパートに転がり込んだり、
中途半端な気持ちで半同棲から同棲を始めてしまっては、
お互いに覚悟がないために、高い確率で破局してしまいます。

同棲をして破局をするとダメージを受けるのは女性の方!
そうなる前に、1番肝心なのが「両親への挨拶」。
これは、面倒なことですが何歳になっても必ずやるべき!

だとか。。。(そう?)

お互いの両親への挨拶をする事で、いずれは結婚へ...とメンズに覚悟が生まれ、
責任感がでてくるので、安易な気持ちで破局をしたりすることはなくなるのだそうです。(そう?)

もう1つには、期間を決めること、なんだそうで。
付き合いが長いカップルは絶対にしておくべき約束事は、同棲期間を決めるということが大事だって、、、
書いてあるのを読みました。

同棲期間を決めておくことで結婚せずにズルズル同棲が続いて、
あっという間に結婚適齢期を超えてしまった...ということもなくなるんだって。


でも、、、はじめから結婚を考えてるならまだしも、そうじゃない人は関係ないでしょうねー。

誇りの持てる職場!

産業看護師していると病院勤務していた時の辛い時期を

時々思い出すことがあります。

忙しいばかりの毎日で、あっという間に時間が過ぎていってたけど

自分の仕事に誇りを持つなんて気持ちにはなれなかったなぁ。

それに比べて今はそこまで忙しくはないけど一つ一つの仕事にしっかり

時間を割くことも出来るし看護師としての誇りを感じることが出来ます。

看護師と一口に言ってもいろんな形があるよね。

病院でも小さなクリニックや大学病院のような大きな病院だったり。

私は今自分がいるこの場所が最適です。

定年退職まで頑張れそうな気がしちゃってるんだよね!

そんな職場を見つけることが出来た私ってかなり幸せ者だよねぇ。

多くの人に私みたいな快適な職場を見つけてほしいなっ。

崎谷健次郎に癒される

崎谷健次郎っていう歌手を知ってる?

私は今日はじめて知ったんだけどとっても癒される歌声です。

私が看護師として働いている企業には男の人の方が多いんだけど

その中で一人私と音楽の好みがすごく似ている人がいるんだよね。

友達関係なんだけどその人からお勧めされて聴いてみたんだけどすごいです。

きれいな声で優しい歌声で...ちょっと寂しげな感じもするけどいい歌がたくさん。

ただ、テレビに出ているところなんて見たことがないから一体どんな人なのかって全く知らないんだけどね。

最近音楽を聴くなんてほとんどなかったから久々に思いっきり癒された感じっ。

この人のコンサートとかがあれば一度行ってみたいって思うけど、どんな活動しているのか全然知らない...。

今度また詳しい人に色々聞いてみようと思ってます。

 

慣れること...

最近ちょっと病院勤務の看護師に憧れに近い気持ちを抱いてしまっています。

もちろん今いる場所での仕事にも誇りを持ってやってるんだけど...。

この場所に慣れてしまっているってことなのかもしれませんね。

毎日何にも変わらない周囲の環境で働いていることに飽きてしまった...。

飽きたなんて仕事に対して思うべき感情じゃないってことはわかってるんだけどね。

病院勤務にあこがれているっていってもだから転職!なんて気持ちにはなかなかなれないんだけどね。

慣れてしまっているからその場所から新たな場所へ移る勇気はない。

仕事がなくて困っている人もたくさんいるんだからこの場所が飽きたから別の場所...なんて気持ちを持つこと自体不謹慎なのかもしれない。

だから誰にもこの気持ちはいってないんだ...。

看護師としてここまで...

看護師の仕事を始めていろんなことに悩みながらもここまで進んできた私。

きっとこれから先もまだまだたくさんのことに悩んで進んでいくんだろうな。

それでも私はこの仕事を辞めることはたぶんない。

そこだけは自信を持っていえるから不思議だよね。

別にこの仕事に人生かけているわけではないけど自分にはきっとこの仕事しかないんじゃないかって思えるんだよね。

もしも私が看護師を辞めることがあったとしたらそれは「仕事」を辞める時。

そんな気がします。

だけどそれも病院看護師ではなくて企業で働いているからそんな風に思えるのかもしれない。

ここが私にとって最適な場所だからね!

そんな風に思えるようになるには結構時間がかかったけどその時間は私にとって必要な時間だったんだろうね、きっと...。

あと企業で働く看護師は待遇が良いしね(笑)

看護師の年収自体は病院で働く看護師のほうが良いと思う。

まぁそんな感じです。

 

みんなの健康守る私!

私がみんなの健康を守っている...そんなちょっとした優越感というかこの仕事に対しての誇りを持っている私。

病院勤務の看護師だったらそんな風には思えないよね。

ただただ毎日忙しくその日の業務をこなしていく...って感じ。

だけど産業看護師は病院ほど毎日ハードな仕事内容ではないけど仕事に対しての誇りはしっかり持てる。

私はこの道を選択して間違っていなかった...そんな風に思っています。

きっと病院勤務をしていたら今頃すでに看護師という仕事を捨てていたかもしれないな。

私の友達で大学病院勤務になった子がいるんだけどかなり早い段階で辞めてしまいました。

仕事内容っていうことよりもやっぱり人間関係や雰囲気についていくことが出来なかったみたいです。

私はここで働けて幸せだなっ。

 

私はラッキーな看護師

産業看護師として働き始めてからなんだか自分って言う存在がすごく大切な存在に思えてきた私。

そんな風にいうとなんだかちょっと嫌なやつって思われてしまうかもしれないけど...。

だから誰にも言ったりしないけどね。

病院で看護師の仕事をしていた頃って看護師が沢山いるから私がしっかりしないと!っていう感情がなかなか芽生えなかったんです。

だけど企業で働いていると自分がしっかりとみんなの管理をしていないと駄目だっていう使命みたいな気持ちが生まれてきたんだよね。

そうすると日々の仕事になんだかすごくメリハリが出来たっていうか...。

やっぱりここでの仕事を選んでよかったなって自分の決断を正しかったんだって言い切れます。

そんな仕事を見つけることの出来た私はラッキーだよね。

 

看護師の私の居場所

私が産業看護師になってから最初はちょっとうざいかな...なんて思っていた職場が今では結構居心地いいかもなんて思いだしているからビックリ。

この場所で働けることになんだかすごく誇りが持てるようになってるんだよね。

いつまで続けられるかわからないけどいつの日か結婚して子供が生まれるまではここにいたいなって思ってます。

さすがに結婚して家事や育児と仕事...なんていくつもの顔を持つほど私は器用じゃないから...。

以前は結婚しても子供を生んでも外で働きたいなんて考え方をしていたんだけど今はやっぱりまず自分が守るべきものをしっかりと...って思ってるんだ。

今のところ一番問題なのはそんな相手が私にはまだいないってことなんだけどね。